Go to Contents Go to Navigation

韓国とチリが「戦略的パートナー関係」に FTA改定交渉を年内再開

記事一覧 2022.10.12 11:08

【サンティアゴ聯合ニュース】中南米3カ国を歴訪している韓国の韓悳洙(ハン・ドクス)首相は11日(現地時間)、最初の訪問国チリのサンティアゴでボリッチ大統領と会談した。両国関係を2004年に確立した「包括的な協力パートナー」から「戦略的なパートナー」に格上げすることで合意した。04年に締結した2国間の自由貿易協定(FTA)の改定交渉を今年中に再開することでも一致した。

あいさつを交わす韓首相(左)とボリッチ大統領=11日、サンティアゴ(聯合ニュース)

あいさつを交わす韓首相(左)とボリッチ大統領=11日、サンティアゴ(聯合ニュース)

 韓氏とボリッチ氏は通商・投資、リチウムをはじめとする重要鉱物、気候変動などの分野に関し、両国の協力強化に向け意見を交わした。この席で「持続可能な鉱業とバリューチェーンの協力」「農業の科学技術研究協力」「韓国・チリの民主的な対話」に関する覚書(MOU)3件が締結された。

 韓氏は会談後、チリとの関係格上げについて「貿易を深化させ、気候変動対応など新たな課題に共に取り組み、民主主義が世界中にとどろくよう、一緒にやっていく」と説明した。

 韓国外交部によると、韓氏は会談で2030年国際博覧会(万博)の釜山誘致に向けた支持を強く要請し、ボリッチ氏は前向きに検討すると応じた。

 韓氏はこの日、チリのエリサルデ上院議長とも会い、北朝鮮の挑発で緊張が高まる朝鮮半島情勢と韓国政府の北朝鮮政策を説明し、全面的な支持を得た。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。