Go to Contents Go to Navigation

韓国半導体大手2社の中国工場 米が装置輸出規制強化を1年猶予

IT・科学 2022.10.12 14:59

【ワシントン聯合ニュース】半導体関連製品の中国への輸出規制を強化する措置を発表した米政府が、韓国半導体大手のサムスン電子とSKハイニックスの中国工場に対しては措置の適用に1年の猶予期間を設けたことが11日(米東部時間)、分かった。米ワシントンの関係筋によると、米商務省はこうした方針を先ごろサムスン電子とSKハイニックスに通知した。

サムスン電子とSKハイニックスはそれぞれ中国に半導体製造拠点を持つ(コラージュ)=(聯合ニュース)

 商務省は7日に、中国に拠点を置く半導体メーカーに米企業が半導体製造装置を輸出することを原則禁止すると発表していた。中国で米国の技術を使って軍事利用も可能な最先端半導体が製造されることを防ぐため。韓国企業を含め中国で半導体工場を運営するグローバル企業に対しては、個別に審査を受けさせることにした。

 だがサムスン電子とSKハイニックスの中国工場について、1年間は個別に審査を受けることなく半導体製造装置を輸入できるようにした。個別審査の原則から一歩踏み込んだ対応といえる。

米商務省(資料写真)=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。