Go to Contents Go to Navigation

カカオなど接続障害 担当相が遺憾表明=韓国

IT・科学 2022.10.16 11:44

【ソウル聯合ニュース】韓国科学技術情報通信部の李宗昊(イ・ジョンホ)長官は16日、前日のデータセンター火災で無料通話・メッセンジャーアプリ「カカオトーク」などに接続障害が発生したことに対し、国民に遺憾を表明した。

接続障害が発生したカカオトーク=(聯合ニュース)

 李氏は「今回の火災で国民が大きな不便を強いられたことは、担当長官として大きな遺憾」とし、「政府はサービスが早急に正常化できるよう最善の努力をする」と述べた。

 火災は15日午後3時半ごろ、発生した。火災により、データセンターに電算システムを置くカカオサービスやネイバーの一部サービスに接続障害が発生した。

 特にカカオトークは日常生活や仕事などで最も多く利用されているだけに、利用者から多数の苦情が寄せられた。

韓国科学技術情報通信部の李宗昊長官=(聯合ニュース)

csi@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。