Go to Contents Go to Navigation

北の弾道ミサイル発射で韓国・鬱陵に空襲警報 被害確認されず

北朝鮮 2022.11.02 10:05

【鬱陵聯合ニュース】北朝鮮が2日午前、朝鮮半島東の東海上に弾道ミサイルを発射したことを受け、韓国・独島などを含む慶尚北道鬱陵郡に空襲警報が発令された。

 同郡によると、この日午前8時55分ごろ郡内に空襲警報のサイレンが鳴った。

北朝鮮の弾道ミサイル(資料写真)=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

北朝鮮の弾道ミサイル(資料写真)=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国軍合同参謀本部は、北朝鮮が発射したミサイルの1発は同郡の鬱陵島方向に飛行し、同島に到達する前に公海上に落下したと伝えている。鬱陵島方向への発射だったため、空襲警報が自動的に発令された。

 サイレンを聞き、鬱陵郡の公務員をはじめとする一部住民は地下などに緊急避難した。行政機関や軍、警察当局は警報を受けて事態の把握に奔走した。

 午前9時半の時点で、鬱陵地域で弾道ミサイルによる被害は確認されていない。

tnak51@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。