Go to Contents Go to Navigation

[韓流]BTS個別活動が活発 ソロ曲・国内外コラボ曲にバラエティーも

記事一覧 2022.11.03 11:53

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気男性グループ、BTS(防弾少年団)メンバー7人が次々と個別の活動を本格化している。最年長メンバーのJIN(ジン)をはじめ、メンバーは兵役義務を果たすため軍に順次入隊する。グループとしての活動は一区切りつくが、メンバー各自が幅広い分野で活躍することで、BTSはワールドスターとして世界を魅了し続けるとの見方が出ている。

BTS(ビッグヒットミュージック提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 リーダーのRM(アールエム)はこのほど、ケーブルチャンネルtvNのバラエティー番組「知っておいても役に立たない神秘的な人間雑学事典」(原題)の司会に選ばれた。所属事務所関係者は、tvNの「雑学辞典」シリーズのファンだったRMが新作では出演側に回ることになると伝えた。

 RMは9月に韓国グループのBalming Tiger(バーミングタイガー)からフィーチャリングゲストに迎えられ、「SEXY NUKIM」でカリスマ性あふれるラップを披露した。同曲は発表直後、約50カ国・地域のiTunesのトップソングチャートで1位を獲得した。

 RMはJ-HOPE(ジェイホープ)とJINに続き、BTSメンバーでは3人目となるソロデビューを準備している。

 ソロ活動のトップを切ったのはJ-HOPEだった。ラッパーとしての魅力を前面に押し出したファーストソロアルバム「Jack In The Box」を7月にリリースし、米ビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」で17位を記録した。米シカゴで同月末に開催された大型音楽フェスティバル「ロラパルーザ」では韓国アーティスト初のヘッドライナー(主役)を務め、最終日のステージを盛り上げた。

 J-HOPEが韓国のシンガーソングライター・Crush(クラッシュ)とコラボレーションした「Rush Hour」は、公開から1カ月が過ぎたが音楽チャートで上位を守っている。

シカゴで「ロラパルーザ」に出演したJ-HOPE(ビッグヒットミュージック提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止

 J-HOPEからバトンを受け、JINは9月28日にファーストソロシングル「The Astronaut」をリリースした。英ロックバンドのコールドプレイが作詞作曲、演奏で参加した楽曲で、初日に70万954枚(韓国CDセールス集計サイト「ハンターチャート」調べ)を売り上げた。

 最年少メンバーのJUNG KOOK(ジョングク)が米シンガーソングライターのチャーリー・プースとコラボした曲「Left and Right」は今もロングヒット中だ。ビルボードのメインシングルチャート「ホット100」に17週連続でランクインしている。同曲は米テレビ・音楽・映画賞「ピープルズ・チョイス・アワード」の「今年のミュージックビデオ」と「今年のコラボレーションソング」の2部門にノミネートされた。

 またJUNG KOOKとJIN、JIMIN(ジミン)、V(ブイ)のボーカル担当4人は、米国のプロデューサー兼シンガーソングライターのベニー・ブランコ、ラッパーのスヌープ・ドッグと「Bad Decisions」でコラボした。ビルボードのホット100で10位に入るなど、世界で注目を集めた。

BTSメンバーとベニー・ブランコ、スヌープ・ドッグ(ビッグヒットミュージック提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 BTSは韓国の観光PRにも協力している。JIMINとSUGA(シュガ)が、海外向けに地方の魅力を発信する韓国観光公社のPR映像「Feel the Rhythm of Korea」に出演。10月に公開された予告映像と本編の釜山、大田、浦項編の4映像は再生回数が計1億8000万回を超えている。

 ラップ担当のSUGAは、韓国アーティストのPSY(サイ)が4月に発表したアルバムのタイトル曲「That That」でプロデュースとフィーチャリングで参加した。同曲は韓国の音楽チャートで1位を獲得し、ビルボードのホット100でも80位に入った。

 Vはファッション誌「VOGUE KOREA」の表紙を飾り、仏高級ブランドのセリーヌから招かれてパリのイベントに出席するなど、ファッション界からラブコールを受けている。

 こうした各メンバーの活動について大衆音楽評論家のキム・ドホン氏は、軍除隊後のBTSの活躍を予感させるものと指摘する。同氏は「ソロでも海外チャートで力強い結果を見せるなど、メンバーそれぞれの持つ音楽的な潜在能力を改めて実感することができた」と評価した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。