Go to Contents Go to Navigation

韓国軍 北の核・ミサイル想定した指揮所演習開始=4年ぶり単独

北朝鮮 2022.11.07 08:31

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は7日、北朝鮮の核・ミサイルなどを想定した指揮所訓練(CPX)「太極演習」を始めた。10日まで実施する。北朝鮮の核・ミサイルや最近の挑発の動きなどさまざまな脅威に備え、実戦的な任務遂行能力を向上させる方針だ。

2018年に実施された太極演習の様子(合同参謀本部提供)=(聯合ニュース)

2018年に実施された太極演習の様子(合同参謀本部提供)=(聯合ニュース)

 演習は実際の兵力と軍事装備は動かさず、コンピューターシミュレーションなどによるウォーゲームの形で行う。定期的に行う防衛的性格の指揮所訓練で、危機管理能力の強化と戦時転換遂行能力の向上に焦点を当てる。ただ、北朝鮮メディアは同演習を「侵略演習」と強く非難してきた。

 演習は1995年から始まった。毎年5~6月に開催されたが、2018年には南北・米朝首脳会談を踏まえ10月に延期。19年には戦時や災害など国家の非常事態に対応する政府の「乙支演習」と統合し「乙支太極演習」として5月に実施された。20年には新型コロナウイルスや水害被害の影響で開かれず、昨年には乙支太極演習として10月末に開催された。今年は乙支演習が8月の韓米合同軍事演習「乙支フリーダムシールド(UFS)」に合わせて実施され、太極演習が単独で開かれるのは4年ぶりとなる。

 韓国軍は8月にUFS、9月に米原子力空母「ロナルド・レーガン」が参加する韓米合同演習、10月に野外機動訓練「護国訓練」と黄海での合同海上訓練、11月に韓米空軍合同訓練「ビジラント・ストーム」と、4カ月連続で訓練を行っている。

 北朝鮮も8月以降、戦術核運用部隊のミサイル発射や砲兵部隊の砲射撃などで対抗。今回の演習にも対抗し、挑発行為に踏み切る可能性が高く、韓国軍は監視・対応体制を強化した中、訓練を行う方針だ。

kimchiboxs@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。