Go to Contents Go to Navigation

韓国軍 境界線越えた北朝鮮弾道ミサイルの残骸回収

北朝鮮 2022.11.07 11:55

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部のキム・ジュンラク広報室長は7日の定例会見で、北朝鮮が2日に発射し、海上の南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)の南側に落下した弾道ミサイルの残骸と推定される物体1個を回収したと明らかにした。

2日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、韓国北東部・鬱陵島に警戒警報が発令されたというニュースが流れている=(聯合ニュース)

2日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、韓国北東部・鬱陵島に警戒警報が発令されたというニュースが流れている=(聯合ニュース)

 金氏によると、物体は6日、朝鮮半島東の東海のNLL南側で回収された。海軍の救難艦が4日から無人水中探索機を使い捜索作業を行ったという。

 北朝鮮は2日午前、東部の江原道元山付近から東海に向け3発の短距離弾道ミサイル(SRBM)を発射した。このうち1発がNLL南側の公海上に落ちた。北朝鮮の弾道ミサイルがNLLを越えたのは南北分断後で初めてだった。

kimchiboxs@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。