Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 韓国軍の指揮所演習に「無分別」と反発

北朝鮮 2022.11.07 19:20

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮メディアが7日、韓国軍が同日始めた北朝鮮の核・ミサイルなどを想定して行う指揮所訓練(CPX)「太極演習」を非難した。北朝鮮メディアは韓米が先月31日から今月5日まで実施した大規模な空軍合同訓練「ビジラント・ストーム」についても強く反発していた。

昨年の乙支太極演習後に開かれた首相主宰の講評会の様子=(聯合ニュース)

昨年の乙支太極演習後に開かれた首相主宰の講評会の様子=(聯合ニュース)

 北朝鮮は対外宣伝メディア「黎明」に掲載された北朝鮮団体「民族和解協議会」のチェ·ミョンギル名義の記事で「われわれの厳重な警告にもかかわらず、7日からはまた別の訓練を行うと公然と騒いでいる」と反発。朝鮮半島で核戦争を起こそうとする「狂人による無分別な」行為と非難した。具体的な訓練の名称は挙げられていないものの、同日から4日間行われる太極演習に対するものとみられる。

 同訓練は実際の兵力と軍事装備は動かさず、コンピューターシミュレーションなどによるウォーゲームの形で行われる。1995年から始まり、毎年5~6月に開催されたが、2018年には南北・米朝首脳会談を踏まえ10月に延期。19年には戦時や災害など国家の非常事態に対応する政府の「乙支演習」と統合し「乙支太極演習」として5月に実施された。20年には新型コロナウイルスや水害被害の影響で開かれず、昨年には乙支太極演習として10月末に開催された。今年は乙支演習が8月の韓米合同軍事演習「乙支フリーダムシールド(UFS)」に合わせて実施され、太極演習が4年ぶりに単独で開かれた。

yugiri@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。