Go to Contents Go to Navigation

尹大統領 雑踏事故受け宗教界の長老と相次ぎ面会

政治 2022.11.08 16:53

【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は8日、ソウル・梨泰院で156人が死亡した雑踏事故を受け、仏教やキリスト教など宗教界の長老と非公開で相次ぎ面会し、助言を受けた。大統領室が明らかにした。

4日、曹渓寺で開かれた法要で手を合わせて犠牲者を悼む尹大統領(大統領室提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

4日、曹渓寺で開かれた法要で手を合わせて犠牲者を悼む尹大統領(大統領室提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 尹大統領は事故を受けて定めた「国家哀悼期間」の終了前日の4日に韓国最大の仏教宗派「大韓仏教曹渓宗」の総本山、曹渓寺で開かれた法要、5日には白石大で開かれた礼拝、6日には明洞聖堂で行われたミサに出席し、犠牲者を追悼した。

kimchiboxs@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。