Go to Contents Go to Navigation

国産超音速戦闘機 試作2号機が試験飛行に成功=韓国

記事一覧 2022.11.10 15:42

【ソウル聯合ニュース】韓国初の国産超音速戦闘機KF21(通称「ポラメ=若鷹」)の試作2号機が10日、初の試験飛行に成功した。7月の試作1号機の試験飛行成功に続くもので、KF21開発事業が順調に進んでいることを証明した。

試験飛行を始める試作2号機(防衛事業庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫
離陸する試作2号機(防衛事業庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 防衛事業庁によると、KF21試作2号機の試験飛行は、開発事業者の韓国航空宇宙産業(KAI)の本社がある南部の慶尚南道・泗川で実施された。午前9時49分ごろに同地の空軍第3訓練飛行団の滑走路から離陸し、35分間飛行した後、10時24分ごろに安全に着陸した。最高速度は試作1号機の最初の試験飛行と同程度の時速約407キロだった。

 今後は2機のKF21試作機で試験飛行を進めることになる。試作3~6号機も地上試験と試験飛行準備を終えれば、年末から来年前半にかけ順次に試験飛行に入る予定だ。

 KF21は2000年11月に当時の金大中(キム・デジュン)大統領が開発を宣言。21年4月に試作1号機が出庫され、22年7月に初の試験飛行に成功した。試作機は約2000回の飛行を重ね、飛行性能や空対空戦闘の適合性などを確かめる。

 韓国は26年のKF21開発完了を目指している。空軍は26~28年に40機、32年までにさらに80機を実戦配備する計画だ。

 この事業が成功すれば、韓国は世界8番目の超音速戦闘機開発国となる。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。