Go to Contents Go to Navigation

韓米日首脳が共同声明 北朝鮮ミサイルの情報共有などで一致

北朝鮮 2022.11.13 20:48

【プノンペン聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領と米国のバイデン大統領、日本の岸田文雄首相は13日、カンボジア・プノンペンで首脳会談を行った。3カ国は「一層緊密な3カ国連携を強固にしていくことで一致した」として、「北朝鮮への拡大抑止力を強化するため協力する」と表明する共同声明を採択した。

韓米日首脳会談の様子=13日、プノンペン(聯合ニュース)

韓米日首脳会談の様子=13日、プノンペン(聯合ニュース)

 声明は北朝鮮の核とミサイル挑発を強く非難した。「国連安全保障理事会決議による朝鮮半島の完全な非核化に向けた公約を改めて確認する」とし、「北朝鮮が核実験に踏み切る場合、国際社会の強力で断固とした対応に直面する」と警告した。

 北朝鮮の非核化措置に合わせて経済支援などを行うという尹大統領の「大胆な構想」を支持し、北朝鮮に拘束されている韓国国民の解放を促した。また、日本人拉致問題の解決に向け連携することも確認した。

 拡大抑止策としては、「北朝鮮のミサイル脅威に対する各国の探知・分析能力を向上させるため、北朝鮮のミサイル情報をリアルタイムで共有する」と表明した。

 バイデン大統領は「韓国と日本に対する米国の防衛公約は揺るぎない」として、「核を含むあらゆる防衛力で後押ししている」と強調した。

 また、ロシアの侵攻を受けたウクライナへの支持を示し、「ウクライナの領土の一体性と主権の即刻回復を促す」と求めた。

 台湾問題については、「台湾海峡での平和と安定の維持の重要性を改めて確認した」と表明した。

 一方、3カ国は経済安全保障に関する協議体の新設で合意。声明では安全で回復力のある供給網の構築や重要・新興技術を巡る協力強化などを明記した。

kimchiboxs@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。