Go to Contents Go to Navigation

眼窩骨折の孫興ミン W杯初戦に「出場可能」=韓国代表監督

芸能・スポーツ 2022.11.23 19:17

【アルラヤン(カタール)聯合ニュース】サッカー韓国代表のベント監督は23日の記者会見で、24日に行われるワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグ初戦のウルグアイ戦に、先ごろ眼窩(がんか)骨折で手術を受けた主将の孫興ミン(ソン・フンミン、英トットナム)が「出場可能だ」との見方を示した。そのうえで「決定まで時間が残っている」と述べた。

アルラヤンのコンベンションセンターで記者会見するベント監督=(聯合ニュース)

 孫がフェースガードを着用して練習に参加していることについて「それほど不便ではないようだ」と話した。

 孫は1日(現地時間)に行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグのD組最終戦のマルセイユ戦で相手選手の肩が顔面を直撃。左目の眼窩骨折が判明し、4日に手術を受けた。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。