Go to Contents Go to Navigation

大統領室の来年度予算巡り攻防 増額要求に野党応じず=韓国

政治 2022.11.25 14:51

【ソウル聯合ニュース】韓国の国会予算決算特別委員会の小委員会が25日に開かれ、来年度(1~12月)の大統領秘書室の予算案を審議したが、与野党が激しく対立し物別れに終わった。

韓国の大統領室庁舎(資料写真)=(聯合ニュース)

 大統領室は来年度の業務支援費の名目で今年度比11.2%増の158億700万ウォン(約16億6000万円)を編成した。特殊活動費が82億5100万ウォン、業務推進費が55億4700万ウォン、職務遂行費が10億1500万ウォン、運営費が9億9400万ウォンとなっている。

 予算案に対し、最大野党「共に民主党」は尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の公約で大統領秘書室職員の定員が490人と約20%削減されたが、予算は増額されたことを指摘した。同党の指摘について、大統領室のユン・ジェスン総務秘書官は「人が減っても業務量は減らなかった」として、「新しい業務や事業が増えている」として、予算の増額を求めた。

 また共に民主党は「全官庁が特殊活動費や業務推進費を減らしている」として、政府の予算案が財政健全性に焦点を当てている中、大統領秘書室が予算を増額することは不適切とも指摘した。これに対し、大統領秘書室関係者は「官庁と大統領秘書室は予算の構造が違う」とし、「外交業務や機密業務を行う」と反論した。

 予算案を巡る与野党の意見が折り合わず、小委員会は中止となった。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。