Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏 ICBM功労者と記念撮影=娘が再び同行

北朝鮮 2022.11.27 09:50

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)が新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」の開発に参加した功労者と記念写真を撮影し、「核戦争抑止力を非常に速い速度で拡大強化していく」と表明した。金正恩氏は、北朝鮮メディアが火星17の発射を報じた19日に初めて公開した娘と今回も手をつないで登場した。朝鮮中央通信が27日伝えた。

火星17の発射に携わった関係者らと記念写真を撮影する金正恩氏と娘=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

火星17の発射に携わった関係者らと記念写真を撮影する金正恩氏と娘=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国の情報機関・国家情報院(国情院)は公開された金正恩氏の娘は正恩氏の第2子、「キム・ジュエ」と判断していると明らかにしている。

 北朝鮮は火星17の開発と発射に寄与した軍関係者の階級を引き上げ、軍の結集にも乗り出した。上将だった張昌河(チャン・チャンハ)国防科学院長と金正植(キム・ジョンシク)党軍需工場部副部長は大将に昇進した。

 また、最高人民会議の常任委員会は火星17の移動式発射台(TEL)である「車両321」に「英雄」の称号を与える政令を発表した。

kimchiboxs@yna.co.kr

最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。