Go to Contents Go to Navigation

中ロの軍用機8機が韓国防空識別圏に進入 戦闘機投入し対応

政治 2022.11.30 15:04

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は30日、中国の軍用機2機とロシアの軍用機6機が南部と東部の韓国防空識別圏(KADIZ)に進入した後、KADIZを出たと明らかにした。領空侵犯はなかったという。

中国とロシアの軍用機計8機が30日、韓国防空識別圏に進入した(イラスト)=(聯合ニュース)

中国とロシアの軍用機計8機が30日、韓国防空識別圏に進入した(イラスト)=(聯合ニュース)

 合同参謀本部によると、同日午前5時48分ごろ、中国のH6爆撃機2機が済州島の南の岩礁、離於島の北西126キロでKADIZに進入。その後に東に移動し、同6時13分ごろKADIZから出た。同6時44分ごろには南東部・浦項の北東でKADIZに入った後に北側に飛行し、同7時7分ごろに出た。午後0時18分ごろには中国のH6爆撃機2機とロシアの軍用機6機(TU95戦略爆撃機4機、SU35戦闘機2機)が東部・鬱陵島の北東200キロでKADIZに進入した後に独島の東南側へ飛行し、同0時36分ごろKADIZを離れた。

 韓国軍は中国とロシアの軍用機がKADIZに進入する前から戦闘機を投入し、偶発的な状況に備えた戦術措置を取った。

kimchiboxs@yna.co.kr

最新ニュース 政治
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。