Go to Contents Go to Navigation

韓国伝統仮面劇「タルチュム」 ユネスコ無形遺産に=22件目

社会・文化 2022.11.30 20:43

【ソウル聯合ニュース】楽しいリズムの中にユーモアと風刺が調和した韓国の伝統仮面劇「タルチュム」が「韓国のタルチュム」として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されることが30日、決定した。

タルチュム(文化財庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

タルチュム(文化財庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

タルチュム(文化財庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

タルチュム(文化財庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

タルチュム(文化財庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

タルチュム(文化財庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 モロッコで開催中のユネスコ政府間委員会で決まった。同委員会は韓国のタルチュムについて、平等という普遍的な価値を認め、社会的な身分制度に対する批判を含んでおり、これは現代でも有効なものと指摘。「各地域の文化のアイデンティティーという側面でも象徴的な要素として位置づけられている」と評価した。

 ユネスコの評価機関が今月初めに韓国のタルチュムの登録を勧告していたことから、無形文化遺産への登録は確実視されていた。

 タルチュムは舞踊、音楽、演劇の要素が含まれた総合芸術で、不条理な社会問題や道徳的矛盾などの難しいテーマをユーモアと風刺で表現した点が特徴。観客の反応も劇中の要素として活用し、現代芸術にも影響を与えているとされる。

 今回登録された「韓国のタルチュム」は13の国家無形文化財と5の市・道無形文化財で構成されている。

 韓国の無形文化遺産登録は22件目。2001年に初めて登録された「宗廟祭礼と宗廟祭礼楽」をはじめ、パンソリ、江陵端午祭などがあり、直近では2020年に釈迦の生誕を祝う仏教行事「燃燈会」が登録された。

 一方、北朝鮮の「平壌冷麺の風習」も無形文化遺産への登録が決まった。北朝鮮の無形文化遺産は「アリラン(民謡)」「キムチ作り」「シルム(伝統レスリング、南北共同登録)」がある。

yugiri@yna.co.kr

最新ニュース 社会・文化
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。