Go to Contents Go to Navigation

[韓流]BTSのRM 1stソロアルバム「Indigo」リリース

芸能・スポーツ 2022.12.02 11:52

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)の所属事務所、ビッグヒットミュージックは2日、BTSのリーダー、RM(アールエム)がファーストソロアルバム「Indigo」をリリースしたと発表した。音源は同日午後2時に公開される。

RM(ビッグヒットミュージック提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

RM(ビッグヒットミュージック提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 所属事務所は「RMの率直な思いや悩み、断想がアルバムに盛り込まれている」とし、全収録曲の作詞作曲から、アルバムのコンセプト、デザイン、構成、ミュージックビデオの企画に至るまで、RMが作業全般を取り仕切ったと紹介した。

 RMは自身の考えの変化などを表現するため、2018年に非営利目的で制作したミックステープ「mono.」のモノトーンの雰囲気とは対照的なカラー、インディゴをアルバムのコンセプトに据えた。

 SNS(交流サイト)に先月公開したアルバムの写真にはジーンズとデニムシャツを着たRMが写っている。写真の中の壁にはRMが尊敬する画家、故尹亨根(ユン・ヒョングン)の作品がかかっている。所属事務所は写真について、「境界を超越し、音楽と美術をつなぐアルバムであることを示すと同時に、アルバム名の『Indigo』がそのまま表現されている」と説明した。RMは美術にも造詣が深いことで知られている。

 アルバムには「ドゥルコッノリ」をはじめ、「Still Life」「All Day」「Closer」など全10曲が収録された。

 タイトル曲の「ドゥルコッノリ」は野の花遊びという意味で、華やかだが一瞬で消えてしまう花火ではなく、穏やかに咲く野花のような姿で生きていきたいというRMの願いが込められている。韓国のロックバンド、チェリーフィルターのボーカル、チョ・ユジンをフィーチャリングに迎えた。

 チョ・ユジンだけでなく、米歌手のエリカ・バドゥ、アンダーソン・パーク、韓国のヒップホップグループ、EPIK HIGH(エピックハイ)のTABLO(タブロ)、シンガーソングライターのキム・サウォル、コールド、歌手パク・チユンなどもフィーチャリングゲストとして参加した。

 また、韓国の音楽プロデューサーのDOCSKIM、Pdogg、シンガーソングライターのeAeon、ウン・ヒヨン、英エレクトロ・ポップ・デュオのHONNEがプロデューサーとして参加した。

 RMは後日、小規模の公演を行う予定だ。

hjc@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 芸能・スポーツ
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。