Go to Contents Go to Navigation

尹大統領 新年記者会見を検討=ぶら下がり取材再開は不透明

政治 2022.12.04 10:48

【ソウル聯合ニュース】韓国大統領室が尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の新年記者会見を検討していることが分かった。中断している尹大統領の出勤時のぶら下がり取材が年内に再開されるのは困難との見方が出ている中、新年の国政運営の方向性を提示し、国民との意思疎通を重視するとの姿勢を示すために新年会見を検討しているようだ。

尹大統領(資料写真)=(聯合ニュース)

尹大統領(資料写真)=(聯合ニュース)

 大統領室の高官は4日、聯合ニュースの取材に「新年記者会見の可能性は半々」と述べ、可能性を否定しなかった。

 尹大統領は就任100日に合わせて8月に会見しており、新年会見が開かれれば2回目の記者会見となる。

 新年記者会見は1968年に当時の朴正煕(パク・チョンヒ)大統領が始めた。最近では朴槿恵(パク・クネ)氏が就任翌年の2014年1月、前大統領の文在寅(ムン・ジェイン)氏も就任翌年の18年1月にそれぞれ新年会見を開いた。

 一方、尹大統領のぶら下がり取材について、大統領室関係者は「現状のままなら来年も再開されると言い切るのは難しい」と述べた。先月18日のぶら下がり取材後に大統領室秘書官とMBCテレビの記者が口論になったことを受け、大統領室はぶら下がり取材を中断している。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 政治
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。