Go to Contents Go to Navigation

韓国 王者ブラジルに1-4で完敗=20年ぶり8強ならず

发布时间2022-12-06 07:07

【ドーハ聯合ニュース】サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会は5日夜(日本時間6日早朝)、ドーハの974競技場で決勝トーナメント1回戦の韓国―ブラジル戦が行われ、韓国は歴代最多優勝5回のブラジルに1-4で敗れた。

試合終了後、サポーターにあいさつする韓国イレブン=5日、ドーハ(聯合ニュース)

試合終了後、サポーターにあいさつする韓国イレブン=5日、ドーハ(聯合ニュース)

 韓国はベスト4入りを果たした2002年韓日大会以来、自国開催以外では初となるベスト8進出を目指したが、王者ブラジルに開始早々から圧倒された。前半7分に先制ゴールを許すと、6分後にネイマールにPKを決められるなど前半を0-4で終えた。ブラジルの波状攻撃の前になすすべがなかった。

 後半20分に投入され、W杯初出場となったMF白昇浩(ペク・スンホ)が同31分にゴールを決めたが、これが唯一の得点だった。

 韓国は1次リーグ最終戦で強豪ポルトガルを破り、世界ランキング1位のブラジル相手にも好勝負が期待されたが、実力の差を思い知らされた。

 主将の孫興ミン(ソン・フンミン、英トットナム)は試合後のインタビューで「最善を尽くしたが、とても難しいゲームだった」と悔しさを見せたが「全選手がここまで誇らしく戦った。選手たちがチームに献身し、努力したことに疑いの余地はない」と述べた。

 孫は眼窩(がんか)骨折の手術を受けてW杯が危ぶまれたが、フェースガードを着けて全4試合に出場した。

後半31分にゴールを決めた白昇浩(ペク・スンホ)=5日、ドーハ(聯合ニュース)

後半31分にゴールを決めた白昇浩(ペク・スンホ)=5日、ドーハ(聯合ニュース)

主将の孫興ミン(ソン・フンミン)=5日、ドーハ(聯合ニュース)

主将の孫興ミン(ソン・フンミン)=5日、ドーハ(聯合ニュース)

sarangni@yna.co.kr

キーワード