Go to Contents Go to Navigation

韓日関係は未来を見据えて 「協力へ多くのアジェンダ」=韓国・SK会長

韓日関係 2022.12.06 09:58

【ワシントン聯合ニュース】韓国の大手財閥、SKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長(大韓商工会議所会頭)は5日(米東部時間)、韓日関係に問題はあるものの、両国がこの先の協力に向け取り組むべきことは多く、未来を見据える必要があるとの見解を示した。

崔鍾賢学術院主催のフォーラムであいさつする崔泰源SKグループ会長(崔鍾賢学術院提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

崔鍾賢学術院主催のフォーラムであいさつする崔泰源SKグループ会長(崔鍾賢学術院提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 SKグループの財団、崔鍾賢(チェ・ジョンヒョン)学術院はこの日、米ワシントン近郊でフォーラムを主催した。崔会長は韓日協力に関する特別セッションであいさつに立ち、「われわれは韓日関係で多少問題があることを認識している」としながら、このフォーラムでの生産的な討論に期待を示した。

 崔氏は歴史学者E.H.カーの著書「歴史とは何か」から「歴史とは現在と過去との対話である」というフレーズを引用し、「昨年われわれが(このフォーラムで)供給網と経済安全保障問題を議論したように、(韓日両国の)人々は未来に焦点を当てなければならない」と強調。「私たちは未来の協力に向けた多くのアジェンダがある」とも述べた。

 韓日協力のセッションでは現状と未来のアジェンダ、実際の協力策を取り上げていくとして、「私はこれが韓日両国にとって良い手段となり、韓米日3カ国関係にも有益だと考える」と言及した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 韓日関係
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。