Go to Contents Go to Navigation

ジャージャー麺やキンパ 1年で1割超値上がり=韓国の外食

記事一覧 2023.01.04 09:07

【ソウル聯合ニュース】物価高が続く韓国で、外食の主要メニューも大幅に値上がりしている。ここ1年でジャージャー麺の平均価格が13.8%上がったほか、キンパ(のり巻き)の平均価格も3100ウォン(約318円)に達したことが4日、韓国消費者院の調べで分かった。

キンパ(右)など手軽に食べられるメニューをそろえた飲食店(資料写真)=(聯合ニュース)

キンパ(右)など手軽に食べられるメニューをそろえた飲食店(資料写真)=(聯合ニュース)

 消費者院は代表的な外食8品目について2022年12月時点のソウルでの平均価格を公表した。このうちジャージャー麺は6569ウォンで、同年1月(5769ウォン)に比べ13.8%高かった。

 次いで上昇率が大きかったのはサムギョプサル(豚バラ肉)の焼肉(200グラム)で、1月(1万6983ウォン)から12.0%上がり1万9031ウォンとなった。2769ウォンだったキンパは11.9%上昇の3100ウォン。参鶏湯(サムゲタン)も1万5923ウォン(11.2%上昇)と10%を超える値上がりだった。

 麺類のカルグクスは8538ウォン(9.8%上昇)、ビビンバは9923ウォン(7.9%上昇)、冷麺が1万577ウォン(7.8%上昇)、キムチチゲ定食が7500ウォン(5.9%上昇)。

 統計庁によると、2022年の外食物価指数の上昇率は7.7%で、1992年(10.3%)以来30年ぶりの高水準となった。消費者物価指数の上昇率も5.1%と、アジア通貨危機に見舞われていた1998年(7.5%)以来24年ぶりの大きさだった。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。