Go to Contents Go to Navigation

子どもとゲーム楽しむ親が増加 世代を越えた文化に=韓国

IT・科学 2023.01.04 21:02

【ソウル聯合ニュース】韓国コンテンツ振興院の「2022大韓民国ゲーム白書」に掲載された調査結果よると、就学中の子どもがいる回答者1028人のうち59.3%が「子どもとゲームをする」と答えた。子どもとゲームをする頻度は「ときどき」が43.4%、「頻繁に」が14%、「非常に頻繁に」が1.9%だった。

「2022大韓民国ゲーム白書」に掲載された調査結果よると、就学中の子どもがいる回答者1028人のうち59.3%が「子どもとゲームをする」と答えた(ゲーム白書より)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

「2022大韓民国ゲーム白書」に掲載された調査結果よると、就学中の子どもがいる回答者1028人のうち59.3%が「子どもとゲームをする」と答えた(ゲーム白書より)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 一方、子どもとゲームを「ほぼやらない」との回答は23.2%、「全くやらない」はは17.5%だった。

 子どもとゲームを楽しむ親の割合が最も高かった年代は20代で80.2%を占めた。親の年齢が若いほど割合が高かった。30代は73.3%、40代は61.8%、50代は43.4%だった。

 子どもとゲームをする親は増加傾向にある。同調査の内容がゲーム白書に初めて含まれた2017年は、調査対象の親の43.9%が子どもとゲームをすると答えたが、この割合は18年に46%、19年に49%に増え、新型コロナウイルス流行後の20年は56.3%、21年は57.5%に上昇した。

 東洋大ゲーム学部のキム・ジョンテ教授は「1990年代末~2000年代初めに国内のオンラインゲーム産業の成長期を経験したミレニアル世代が親や教育者になり、その前の世代に比べゲーム文化に対する理解度が高まったため」とし、「コロナ禍で屋内での活動や電子機器の使用が増えた影響も大きい」と分析した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。