Go to Contents Go to Navigation

韓国情報機関 労組全国組織本部の家宅捜索に着手=国家保安法違反の疑い

記事一覧 2023.01.18 10:58

【ソウル聯合ニュース】韓国の情報機関・国家情報院(国情院)と警察庁は18日、労働組合の全国組織「全国民主労働組合総連盟(民主労総)」関係者の国家保安法違反の疑いで、ソウルにある民主労総本部の家宅捜索に乗り出した。

民主労総の本部前に配置された警察官=18日、ソウル(聯合ニュース)

民主労総の本部前に配置された警察官=18日、ソウル(聯合ニュース)

 民主労総側は弁護士の立ち会いを求め、国情院と警察関係者が本部に入ることを阻止している。双方がもみ合いになる場面もあった。

 国情院側は聯合ニュースの取材に対し、「数年にわたり内偵を進めてきた事案で、証拠を確保している」と明らかにした。

 家宅捜索は国情院が捜査している南部・済州島にある革新系団体の元幹部らによる国家保安法違反の事件と関係があるとみられる。警察当局などによると、元幹部は2017年、カンボジアのアンコールワットで北朝鮮の工作員と接触。地下組織を結成し、北朝鮮から受けた反政府闘争、韓米軍事訓練の中止などの指令を実行した疑いが持たれている。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。