Go to Contents Go to Navigation

韓国最大野党代表 28日に検察出頭=都市開発事業の不正疑惑巡り

記事一覧 2023.01.18 16:43

【ソウル聯合ニュース】韓国の最大野党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)代表は18日、ソウル郊外にある城南市大庄洞の都市開発事業の不正疑惑を巡り、検察の取り調べを受けるため、28日に出頭すると発表した。

ソウル市内の伝統市場を訪れた後、記者団に検察に出頭する意向を明らかにする共に民主党の李在明代表(共同取材)=18日、ソウル(聯合ニュース)

ソウル市内の伝統市場を訪れた後、記者団に検察に出頭する意向を明らかにする共に民主党の李在明代表(共同取材)=18日、ソウル(聯合ニュース)

 検察は李氏に対し、27日に出頭するよう要請していた。

 李氏は記者団に「何の罪もない私を呼んだので行く」として、「数多くの懸案がある状況で平日は仕事をしなければならないので、27日ではなく(土曜日の)28日に出頭する」と述べた。また、「ない罪をつくり、検察権を乱用する一部の『政治検察』を国民が見守っている」として、「歴史が評価する」と強調した。

 検察は都市開発事業を巡り、城南市長だった李氏が民間業者に便宜を図って計4040億ウォン(約430億円)の巨額の利益を得させ、城南市に損害を与えたとみている。当時、李氏の側近らが民間業者に便宜を図り、利益のうち428億ウォンを受け取る約束を交わし、選挙資金の支援を受けたことにも李氏の介入があったとみている。

 李氏は城南市長時代に大企業に対し、自身がオーナーを務めたプロサッカークラブ・城南FCに計約170億ウォンの後援金を出させ、見返りとして建築の許認可や土地の用途変更などで便宜を図ったとする第三者供賄の疑いで今月10日にも検察に出頭し、取り調べを受けている。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。