Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(1月19日)

◇尹大統領「人類の問題解決に責任果たす」 ダボスで「コリアナイト」出席

 世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)に出席するためスイスを訪れている尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は18日(現地時間)、ダボス会議の参加者に向けて2030年国際博覧会(万博)の釜山誘致をアピールするために大韓商工会議所が主催した「コリアナイト」に出席した。尹大統領はあいさつで、「われわれは世界経済の複合危機や不確実性、地政学的対立、気候危機、二極化など、一国の努力だけでは解決できない挑戦に直面している」として、「韓国政府は民間企業と共に人類共同の問題解決のための国際的努力に積極的に参加し、責任ある役割を果たしたい」と述べた。

スイス・ダボスのホテルで開かれた「コリアナイト」であいさつする尹大統領=18日、ダボス(聯合ニュース)

スイス・ダボスのホテルで開かれた「コリアナイト」であいさつする尹大統領=18日、ダボス(聯合ニュース)

◇イラン政府が韓国大使呼び抗議 尹大統領の「敵発言」巡り

 尹錫悦大統領がアラブ首長国連邦(UAE)に派遣されている韓国軍部隊を訪問した際に「UAEの敵はイラン」と発言したことに対し、イラン外務省は駐イラン韓国大使を呼び出して抗議した。政府系の「イラン学生通信」が18日(現地時間)、報じた。イラン外務省の声明によると、同省次官は尹ガン鉉(ユン・ガンヒョン)大使に対し、イランは湾岸地域の多くの国と友好的な関係を維持していると強調。尹大統領の発言はこのような友好的関係を妨害し、中東地域の平和と安定を損なうとして、韓国政府の説明と訂正を求めた。

◇昨年のスマホ出荷量11%減 10年ぶり低水準

 世界的な景気低迷が続く中、昨年のスマートフォン(スマホ)出荷量が10年ぶりの低水準だったことが分かった。市場調査会社のカナリスによると、昨年の世界のスマホ出荷量は前年比11%減少し、10年ぶりに1億2000万台を下回った。カナリスはマクロ経済の不確実性が続き、流通業者がスマホの在庫を抱えるのに慎重な姿勢を示したことが原因だと分析した。

◇北朝鮮が17~18日に最高人民会議開催 金正恩氏は出席せず

 北朝鮮の朝鮮中央通信は19日、最高人民会議(国会に相当)第14期第8回会議が17~18日に平壌の万寿台議事堂で開催されたと伝えた。金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)は出席せず、崔竜海(チェ・リョンヘ)最高人民会議常任委員長が開会の辞を述べた。最高人民会議は2022年度の決算と23年度の予算編成を行った。

◇新規コロナ感染者2万9816人 前週比約1万4千人減

 中央防疫対策本部は19日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から2万9816人増えたと発表した。新規感染者数は前週の同じ曜日に比べ約1万4000人少ない。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。