Go to Contents Go to Navigation

自動運転のレベル分け 国内基準定める=韓国

IT・科学 2023.01.19 13:52

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部の国家技術標準院は19日、自動運転レベルの分類基準を定義した国内基準、国家標準(KS)を導入すると発表した。これまでは国際的に広く適用されている米自動車技術者協会(SAE)の基準を主に用いてきたが、KS制定により自動運転レベル分類のより明確な基準を国内産業界に示すことができる。

自動運転の技術開発が進んでいる(ソウル市提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

自動運転の技術開発が進んでいる(ソウル市提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 KSは国際標準化機構(ISO)規格に基づき、自動運転レベルを運転者と自動運転システムの役割に応じて「レベル0」から「レベル5」まで6段階に分けた。

 自動運転の「レベル2」は、運転者は手足を使って操作しなくても目では走行環境を注視する必要がある。「レベル3」では走行環境を注視する必要はないが、自動運転システムから要請があれば運転者が介入しなければならない。「レベル4」は運転者が介入しなくても自動運転システムが緊急時に対処することができ、「レベル5」はあらゆる道路条件と環境で自動運転システムにより走行する完全自動運転を指す。

 国家技術標準院はこのKS制定で自動運転関連の主要な用語も定義した。

mgk1202@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。