Go to Contents Go to Navigation

「アバター」最新作 韓国公開の外国映画で売上高歴代1位に

記事一覧 2023.01.26 15:00

【ソウル聯合ニュース】韓国で先ごろ観客動員数1000万人を突破した米ハリウッド映画「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」が、韓国で公開された外国映画のうち最高の売上高を達成した。

映画「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」のワンシーン(ウォルト・ディズニー・カンパニー・コリア提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

映画「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」のワンシーン(ウォルト・ディズニー・カンパニー・コリア提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国映画振興委員会などによると、韓国で先月14日に公開された同作の売上高は今月25日午後の時点で約1285億ウォン(約135億円)を記録した。2009年に公開された前作「アバター」の売上高1248億ウォンを上回り、韓国で公開された外国映画では歴代トップに立った。韓国映画を含めた全体では歴代4位。

 世界興行収入は23日に累計20億ドル(約2600億円)を突破した。「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」(19億1600万ドル)を超え、世界興行収入の歴代6位を記録した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。