Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏 軍事パレードに出席=ICBM・新型兵器確認

記事一覧 2023.02.09 11:12

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)は8日夜に平壌の金日成広場で開かれた朝鮮人民軍の創設75年を記念する閲兵式(軍事パレード)に出席した。

北朝鮮の朝鮮中央通信は9日、朝鮮人民軍の正規軍創設を祝う「建軍節」75周年の閲兵式が8日夜に平壌で開催されたと報じた。手を振る金正恩氏(中央)=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

北朝鮮の朝鮮中央通信は9日、朝鮮人民軍の正規軍創設を祝う「建軍節」75周年の閲兵式が8日夜に平壌で開催されたと報じた。手を振る金正恩氏(中央)=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 朝鮮中央通信が公開した写真によると、金正恩氏は黒い帽子とコートを着用した姿で閲兵式に出席した。黒い帽子とコートは祖父の故・金日成(キム・イルソン)主席を象徴する格好で、祖父と自分を同一視させ、軍の絶対的な忠誠を求める狙いがあるとみられる。

 9日午前までに公開された写真では大陸間弾道ミサイル(ICBM)や無人機などの兵器は確認されていない。一方、米国の商業衛星企業、マクサー・テクノロジーズが8日午後10時5分ごろに衛星で撮影したとして9日に公開した写真には、金日成広場に集まった群衆の前にICBMを搭載した移動式発射台(TEL)が捉えられている。先頭にはICBM「火星17」があり、中長距離級ミサイルを搭載したTELが続いている。その後ろには機種が確認されないミサイルがある。北朝鮮はこれまで閲兵式で破壊力が強いミサイルや新型のミサイルを公開しており、最近実験を行った固体燃料エンジン搭載の新型ミサイルの可能性がある。

 閲兵式には2万2000人以上が動員されたとみられる。閲兵式は8日午後8時半ごろから開催された。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。