Go to Contents Go to Navigation

尹大統領夫人が関与疑惑の株価操作事件 元会長に有罪判決=韓国地裁

記事一覧 2023.02.10 14:19

【ソウル聯合ニュース】韓国で野党が尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領夫人の金建希(キム・ゴンヒ)氏の関与疑惑を提起している輸入車ディーラー「ドイツ・モーターズ」の株価操作事件で、ソウル中央地裁は10日、資本市場法違反の罪に問われた同社のクォン・オス元会長に懲役2年、執行猶予3年、罰金3億ウォン(約3100万円)の判決を言い渡した。

判決公判のためソウル中央地裁に入るクォン・オス氏=10日、ソウル(聯合ニュース)

判決公判のためソウル中央地裁に入るクォン・オス氏=10日、ソウル(聯合ニュース)

 クォン被告は、2009年から12年にかけて仕手筋や投資コンサルティング会社、証券会社社員などと組んでドイツ・モーターズの株価をつり上げた罪で21年に起訴された。

 この事件を巡っては、金建希氏が株価操作に資金を出した疑惑や、株価操作が疑われる時期に直接的、間接的に取引に介入した疑惑が取り沙汰された。クォン被告は公判で、金氏の口座の管理をしたり金氏に代わって株式取引を行ったりしていないと疑惑を否定した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。