Go to Contents Go to Navigation

国連安保理 北朝鮮の人権巡り17日に非公式会合=韓国も参加

北朝鮮 2023.03.14 16:30

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の当局者は14日、国連安全保障理事会が北朝鮮の人権問題を巡り17日に非公式会合を開く予定だと伝えた。米国とアルバニアが要請したもので、韓国や日本も共同提案国として参加する。

安保理の会議場(資料写真)=(聯合ニュース)

安保理の会議場(資料写真)=(聯合ニュース)

 非公式会合は特定のテーマについて安保理の理事国以外の国や非政府組織(NGO)も一緒に議論できる場で、公式的な決定は出さず、記録も残さない。

 外交部は「政府は北の人権状況に対する深刻な憂慮を国際社会と共有している」とし、安保理の非公式会合への参加を含め、今後も北朝鮮の人権状況の改善に向けた努力に積極的に加わっていくと説明した。

 韓米などは北朝鮮の人権問題に対する安保理での議論の必要性を継続して訴えている。北朝鮮は今月13日、安保理の非公式会合開催に対し「超強力対応」を取ると警告する外務省声明を出すなど、自国の人権を巡る国連での議論に反発している。

 来月4日までの日程で開催中の国連人権理事会の会合では、北朝鮮の人権侵害を非難する決議も採択される見通しだ。国連は毎年前半に人権理事会、後半に総会で北朝鮮人権決議を採択してきた。

 今年の人権理事会で採択する決議案は例年通り欧州連合(EU)が中心となって作成・提出し、韓国も関連協議に加わっているとされる。

 韓国は南北関係の特殊性などを理由に、2019年から22年まで4年連続で人権理事会の北朝鮮人権決議案の共同提案国から外れた。だが、22年5月に発足した尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権は北朝鮮の人権問題を重視しており、今年から共同提案国に復帰すると見込まれる。

 韓国政府は、昨年後半に国連総会に提出された北朝鮮人権決議案に4年ぶりに共同提案国として名を連ねた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。