Go to Contents Go to Navigation

公共交通機関でのマスク着用義務解除 「混雑時は着用を」=韓国

社会・文化 2023.03.20 09:21

【ソウル聯合ニュース】韓国で20日、新型コロナウイルス対策として実施してきたバス、地下鉄、タクシーなどの公共交通機関と大型施設内の開放型薬局でのマスク着用義務が解除された。

公共交通機関でのマスク着用義務解除を知らせる案内板が設置された地下鉄駅=(聯合ニュース)

公共交通機関でのマスク着用義務解除を知らせる案内板が設置された地下鉄駅=(聯合ニュース)

 韓国では2020年10月にマスク着用が義務付けられたが、2年5カ月ぶりに公共交通機関での着用義務が解除された。ただ、防疫当局はマスク着用が呼吸器感染症を予防する最も効率的な方法だと強調し、混雑時はマスクを着用するよう勧告している。

 政府は昨年5月に50人以上が集まる集会や公演、スポーツ観戦を除く屋外でのマスク着用義務を解除した。同年9月に屋外でのマスク着用義務を全面解除し、今年1月30日に交通機関や医療機関など一部施設を除く屋内でのマスク着用義務も解除したが、多くの国民が自主的にマスク着用を続けており、感染者は急増しないと判断している。複数の世論調査で「引き続き屋内でマスクを着用する」との回答が約70%に上ったことも公共交通機関でのマスク着用義務解除を決定する背景となった。

 公共交通機関のほか、スーパーや駅の構内など大型施設内にある開放型薬局でのマスク着用義務も解除された。

 ただ、病院などの医療機関、開放型薬局以外の薬局、療養型病院など感染リスクの高い施設でのマスク着用義務は維持する。

 政府は、感染リスクの高い施設でのマスク着用義務や感染者に対する7日間の隔離義務などの防疫規制の緩和を含む日常回復ロードマップを検討し、今月末に発表する計画だ。

hjc@yna.co.kr

最新ニュース 社会・文化
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。