Go to Contents Go to Navigation

半導体投資への税額控除を拡大 改正案が国会委を通過=韓国

記事一覧 2023.03.22 13:59

【ソウル聯合ニュース】韓国の半導体産業などの育成策を盛り込んだ租税特例制限法改正案が22日、国会企画財政委員会の全体会議を通過した。 

企画財政委員会租税小委員会の様子(資料写真)=(聯合ニュース)

企画財政委員会租税小委員会の様子(資料写真)=(聯合ニュース)

 改正案は、国家戦略産業に企業が設備投資をする場合の税額控除拡大を柱とする。国家戦略技術として半導体や2次電池、ワクチン、ディスプレーのほか、電気自動車(EV)や自動運転車など未来の移動手段を挙げた。

 大企業と中堅企業による設備投資への税額控除は現行の8%を15%に、中小企業に対しては16%から25%に引き上げるとした。

 改正案は法制司法委員会を経て、30日の本会議で可決される見通しだ。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。