Go to Contents Go to Navigation

韓国の福島視察団が活動本格化 きょう東電や経産省と会議

政治 2023.05.22 10:12

【東京聯合ニュース】東京電力福島第1原発の処理済み汚染水の海洋放出を巡り、汚染水の処理プロセスを点検する韓国政府の視察団が22日、日本で公式日程を開始する。

仁川空港で質問に答える視察団の劉国熙団長=21日、仁川(聯合ニュース)

仁川空港で質問に答える視察団の劉国熙団長=21日、仁川(聯合ニュース)

 韓国政府の関係官庁でつくる福島汚染水対応タスクフォース(TF)によると、前日に訪日した視察団はこの日、東京電力、経済産業省、原子力規制委員会など日本の関係機関と技術会議を開き、質疑応答を行うという。23、24両日に福島第1原発を視察し、汚染水の管理実態を確認する予定だ。25日には現地の点検内容を踏まえ日本側と技術会議、質疑応答を行う。26日に帰国する。

 視察団は原子力安全規制を担う独立機関、原子力安全委員会の劉国熙(ユ・グクヒ)委員長が団長を務め、同委員会傘下機関、韓国原子力安全技術院(KINS)の原発・放射線専門家19人、韓国海洋科学技術院(KIOST)の海洋環境放射能専門家1人の計21人で構成する。

 劉氏は21日、日本への出発に先立ち、仁川国際空港で記者団に「科学的なアプローチを通じて、私たちが見たものは何か、追加で確認することは何かについて十分に説明すれば、国民も信頼してくれるだろう」と語り、「国民を安心させるのもわれわれの役割」と述べた。

 同氏は成田国際空港から日本に入国した直後、福島原発の訪問日程が短すぎるとの韓国記者団の指摘に「すでに十分なデータを持っており、追加で確認が必要なデータは(日本側に)要請する」と話した。

 視察団が試料を採取しないことを指摘されると「国際原子力機関(IAEA)が検証プログラムを通じて試料を採取済みで、汚染水は3回採取した。採取した試料を(韓国の機関も)分析している」と説明した。福島沖などで採取した試料も手に入れているとしたうえで、「試料に関しては、すでにわれわれの技術で検証を行っている」と強調した。

 また、海洋放出に関して問題を提起する可能性を問われると、「われわれには科学的な基準があり、その基準に従って確認し、点検するプロセスを経る。そのプロセスで問題が生じれば当然、問題を提起する。総合的な結論を下す」と答えた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 政治
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。