Go to Contents Go to Navigation
映像

≪結果に満足感≫

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が、実戦配備を控えた新型ロケット砲の発射実験を視察した。朝鮮中央通信が報じた。

 同通信は、金第1書記がロケット砲の命中精度が高いと満足感を示したと伝えた。

 金第1書記はロケット砲の開発と生産に携わった科学者や工場の労働者と記念写真を撮った。

 北朝鮮は新型ロケット砲について、韓国が射程圏に入ると主張している。

 金第1書記は増築された海軍船舶修理工場も視察した。同工場を標準に据え、全地域の船舶修理工場を現代化するよう指示した。

(2016年3月22日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。