Go to Contents Go to Navigation
映像

≪憲法裁の宣告に「不服」示唆≫

 韓国憲法裁判所の罷免宣告を受けて失職した朴槿恵(パク・クネ)前大統領が12日午後、青瓦台(大統領府)の官邸を出てソウル・三成洞にある自宅に到着し、弾劾を「不服」とする声明を発表した。

 声明は与党・自由韓国党議員の閔庚旭(ミン・ギョンウク)元青瓦台(大統領府)報道官が代読した。

 閔氏は朴氏が私邸に入る際に話した言葉とした上で、「大統領としての使命を最後まで果たせず、申し訳ないと思っている。私を信じて声援を送ってくださった国民の皆さんに感謝する。すべての結果は私が抱えていく。時間がかかるだろうが、真実は必ず明らかになると信じている」と伝えた。

(2017年3月13日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。