Go to Contents Go to Navigation
映像

≪「適合」の暫定判定≫

 韓国防衛事業庁は10日、3000トン級潜水艦「張保皐3」向けに開発中の戦闘システムが国防部の運用試験評価で「戦闘用適合」の暫定判定を受けたと明らかにした。

 潜水艦の戦闘システムは戦闘と航行関連の情報を統合処理するシステムで、兵器システムを運用する上で頭脳のような役割を担う。水中音波探知機(ソナー)システムとともに潜水艦運用の中核となる。

 張保皐3のソナーは6月に暫定で戦闘用適合と判定された。

 戦闘システムとソナーシステムはいずれも韓国の独自技術で開発が行われてきた。戦闘用適合の暫定判定を受けたことで、完成段階に近づいた。

(2017年10月10日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。