Go to Contents Go to Navigation
映像

≪中朝「血盟」関係を強調≫

 北朝鮮の朝鮮中央テレビが、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が訪中に使った特別列車の内部の様子を公開した。また、中国の習近平国家主席が金委員長に多数の贈り物をするなど歓待したと伝え、中朝の「血盟」関係を強調した。

 金委員長を乗せた特別列車が中国・丹東駅に到着した。

 朝鮮中央テレビが公開した金委員長の訪中の様子を収めた約40分間の映像には、金委員長夫妻が花束を贈られる様子や、中国の宋濤・共産党中央対外連絡部長があいさつに訪れる様子が映っている。

 特別列車の応接室とみられる空間は、平壌の錦繍山太陽宮殿に展示されている故金正日(キム・ジョンイル)総書記の特別列車の内部と似たつくりになっている。

 映像は、北朝鮮の最高指導者として初の外遊先として北京を選んだことを機に、中朝の血盟関係を際立たせることに重点を置いている。

 習主席が金委員長に大人の背丈の倍以上ある大型のつぼを贈ったほか、習主席夫人の彭麗媛氏も金委員長夫人の李雪主(リ・ソルジュ)氏に絹織物を贈った。習主席夫妻は贈り物について具体的に説明もした。

 北京の人民大会堂で開かれた交流行事では、習主席の父である習仲勲元副首相が訪中した金正日氏を迎える映像が披露された。習主席は演説でも自身の父と金正恩氏の父である金正日氏のつながりを強調し、中朝の友好を際立たせた。

(2018年3月30日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。