Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪テレビ会議活用も≫

 韓国と米国が朝鮮半島の非核化や対北朝鮮制裁、南北関係などを協議する作業部会(ワーキンググループ)の会議を2週間に1回、定例開催する方向で調整している。

 韓国政府高官は「懸案がない場合は見送ることもあるが、基本的に2週間に1回のペースで会議を行うことで両国が一致した」と明らかにした。

 両国は、作業部会の首席代表を務める韓国の李度勲(イ・ドフン)外交部朝鮮半島平和交渉本部長と米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表が相手国を訪問する機会があれば対面会議を行い、それ以外はテレビ会議を開催する方向で検討していると伝えられた。

 (2018年11月22日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。