Go to Contents Go to Navigation
映像

≪引き上げ1年ぶり≫

 韓国銀行(中央銀行)は30日、定例の金融通貨委員会を開き、政策金利を年1.50%から1.75%に引き上げた。利上げは1年ぶり。

 6年5カ月ぶりに実施した前回の利上げから1年ぶりとなる今回の利上げは予想通りといえる。韓国銀行は総裁がたびたび利上げを示唆するなど、7月から市場にサインを送っていた。

 経済指標の悪化などで利上げしづらい状況だったが、金利で米国を最大0.75ポイント下回っていたことや1500兆ウォン(約152兆円)を超えた家計負債を抑えるため利上げに踏み切ったようだ。

 (2018年11月30日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。