Go to Contents Go to Navigation
映像

≪年間出生数は33万人前後の見通し≫

 韓国統計庁によると、前年同月と比較した出生数が2016年4月から今年10月まで31カ月連続で過去最少を更新し、今年の年間出生数も前年に比べ2万人以上減少の33万人にとどまる見通しだ。

 10月の出生数は2万6500人で前年同月比5.0%減少した。1~10月の累計は27万8600人で前年同期比8.8%減少し、年間出生数も33万人前後にとどまるとみられる。

 統計庁関係者は出生数の減少について「30~34歳の女性の人口減少が最大の原因であり、婚姻件数の減少も出生数減少に影響を与えているとみられる」と説明した。

(2018年12月26日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。