Go to Contents Go to Navigation
映像

≪韓国政府≫

 韓国政府は宗教上の理由などで軍隊に入ることを拒む「良心的兵役拒否者」の代替服務制度について、服務期間を36カ月(3年)、服務先を刑務所などの刑事施設での「合宿勤務」とすることを決定した。国防部は28日、こうした内容を柱とする兵役法改正案など関連法案を告示した。

 国防部は、兵役制度を巡る公平性や軍での服務環境に近いことなどを考慮して最終決定したと説明している。

 同部は代替服務の関連法案を来年初めに国会に提出する予定だ。

(2018年12月28日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。