Go to Contents Go to Navigation
北朝鮮

≪昨年10月、ポンペオ氏に≫

 米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表は31日(現地時間)、カリフォルニア州で行った講演で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が昨年10月にポンペオ国務長官が訪朝した際、プルトニウムやウラン濃縮施設の廃棄を約束したと明らかにした。ロイター通信が報じた。

 ビーガン氏は「包括的な申告」を通じて米国が北朝鮮の大量破壊兵器(WMD)やミサイル開発計画について完全に把握しなければならないと強調。米国は北朝鮮との外交交渉に失敗する場合に備えた策を持っているとも明らかにした。

(2019年2月1日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。