Go to Contents Go to Navigation
北朝鮮

≪あす早朝ベトナム入りか≫

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が27、28両日にベトナムの首都ハノイで開かれる朝米(米朝)首脳会談のため専用列車で中国大陸を縦断中だ。現在のペースで進めば26日にベトナムに到着する見通しだ。

 金委員長が選んだ移動手段は列車だった。

 北朝鮮の朝鮮中央テレビは「最高領導(指導)者、金正恩同志が2回目の朝米首脳会談のため平壌(駅)を出発された」と報じた。

 平壌からハノイまでは4500キロ。北京を経由するとの当初の予想とは異なり、特別列車はそのまま天津まで下った。北京に寄るという象徴性より実用性を選んだと分析される。

 武漢と広州を通る最短距離で中国大陸を縦断した場合、金委員長は首脳会談が始まる前日の26日早朝にもベトナム国境に着く見通しだ。

 中越国境沿いのベトナム・ランソン省のドンダン駅から乗用車に乗り換えて移動するとの見方が有力視されている。

(2019年2月25日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。