Go to Contents Go to Navigation
北朝鮮

≪訪朝中国人客が増加≫

 米国が対北朝鮮制裁を維持する中、北朝鮮唯一の航空会社、高麗航空が中国路線を増便した。

 高麗航空は繁忙期の4月を迎え、1日から平壌―北京線の運航回数を週3往復から週5往復に増やした。

 火、木、土曜に運行されていた同路線は水、日曜を除き毎日運行される。

 増便の理由は、中国人観光客が急増している上、北朝鮮との経済協力事業を打診するため訪朝する中国人事業家の増加しているためだ。

(2019年4月1日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。