Go to Contents Go to Navigation
エンタメ&スポーツ

≪チームの勝利に貢献≫

 イングランド・プレミアリーグ、トットナムのFW孫興民(ソン・フンミン)が欧州でのプロ生活後初めて出場した欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝で決勝ゴールを決め、チームを勝利に導いた。

 孫は日本時間の10日午前、ホームで行われたマンチェスター・シティ(イングランド)との準々決勝第1戦で後半33分、ペナルティエリア右側から対角線上にシュートを決めた。

 今季18ゴール目を決め、CLでは2月に行われたドルトムント(ドイツ)との決勝トーナメント1回戦以来2ゴール目となる。

 マンチェスター・シティに1―0で勝利したトットナムは準決勝進出に向け有利な立場となった。

(2019年4月10日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。