Go to Contents Go to Navigation
映像

≪調べ4時間、報道陣には無言≫

 わいせつ画像流布の疑いで立件された歌手のロイ・キムさん(25)が10日、ソウル地方警察庁に容疑者として出頭し、4時間にわたる取り調べを受けた後、帰宅した。

 同庁の広域捜査隊の調べを終えて出て来たキムさんは「容疑を認めるのか」との報道陣の問いに一切答えず、その場を立ち去った。

 出頭の際、キムさんは「私を応援してくれたファン、家族、国民の皆さんに心配をかけて申し訳ない。誠実に取り調べに臨む」と話していた。

 警察は先週、コミュニケーションアプリ「カカオトーク」のグループトークにわいせつ画像1枚を送信した疑い(情報通信網法上のわいせつ物流布)でキムさんを立件。このグループトークのメンバーには、わいせつ動画を隠し撮りしてインターネット上に流した疑いで逮捕された歌手兼タレントのチョン・ジュニョン容疑者(30)らがいた。

(2019年4月11日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。