Go to Contents Go to Navigation
最新映像

≪ユネスコ諮問機関が勧告≫

 朝鮮王朝時代の教育機関だった「書院」9カ所が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録される見通しだ。

 韓国の文化財庁は14日、ユネスコの諮問機関、国際記念物遺跡会議(イコモス)が「韓国の書院」を世界文化遺産に登録するよう勧告したと発表した。

 朝鮮で最初の書院、紹修書院(慶尚北道栄州市)をはじめ、玉山書院(慶尚北道慶州市)、陶山書院(慶尚北道安東市)、屏山書院(安東市)、道東書院(大邱市達城郡)など9カ所が対象。

 6月末にアゼルバイジャンで始まるユネスコの世界遺産委員会で、勧告通りに登録が決まる見通しだ。

(2019年5月14日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。