Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪最大野党代表の出席に反対も≫

 1980年に韓国南西部の光州で大規模な民主化要求デモが起こり、軍の発砲で多くの犠牲者が出た光州民主化運動(光州事件)から39年を迎える18日、犠牲者が眠る同地の国立五・一八民主墓地で韓国政府の記念式典が開かれる。

 式典を主管する政府機関、国家報勲処によると、光州事件の意味と史実を全国民が共有し、統合のメッセージを強調することに主眼を置いた式になるという。

 政界要人のほか、民主化運動の功労者、遺族、一般国民など約5000人が参列する。

 所属国会議員らが光州事件を卑下する発言をした最大野党「自由韓国党」との黄教安(ファン・ギョアン)代表も式典に出席する予定だが、一部市民団体が強く反対しており、警察などとの衝突が懸念される。

 式典はオープニング公演を皮切りに、国民儀礼、記念のあいさつ、民主化運動の象徴とされる歌「あなたのための行進曲」の斉唱などの順で約50分にわたり執り行われる。

 (2019年5月17日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。