Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪ウィンウィンを強調≫

 韓国与党「共に民主党」の趙正シク(チョ・ジョンシク)政策委員会議長は北朝鮮に対する政府の食糧支援計画について「一石四鳥の効果がある」との見解を示した。

 党の国会対策会議で趙氏は対北食糧支援に関し、食糧難に苦しむ同胞を助けられるほか、コメ管理費用の削減、国際社会の責任を果たす人道主義の義務履行、南北対話の活性化という四つの効果を挙げた。

 その上で「対北人道支援は南北双方にとってウィンウィンとなる政策」と強調した。

(2019年5月21日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。