Go to Contents Go to Navigation
一般映像

≪中心部・光化門広場で≫

 韓国のソウル市は中心部の光化門広場で座り込みを続けている極右政党「大韓愛国党」が設置したテントを撤去した。

 市は25日午前5時20分ごろ、市関係者約500人と警備会社の職員約400人を投入し、撤去に着手。およそ1時間半で作業を終えた。

 党員らが激しく抵抗してもみ合いとなり、警察によると約30人が負傷した。

 同党は朴槿恵(パク・クネ)前大統領の釈放を求め、先月10日に市の許可を得ずテントを設置していた。

 市は使用許可を得ていない違法な施設物だとして、撤去しなければ強制撤去すると3回にわたり通告したが、党側が応じなかったため強制撤去に乗り出した。

(2019年6月25日、聯合ニュース)

映像ランキング
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。